スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美空ひばり

くりふぉーどです


美空ひばりさんは,今になっても時々テレビに登場しますが,やっぱりあの方は別格ですね。
オールジャンルの歌を歌えて,それもどれも本格的。ジャズなんかもとってもかっこいいし。

でも,いちばんはバラードというか,ゆっくりとした曲の歌詞のことばひとつひとつに情感をこめて歌う姿は,圧倒されますね。これほどの表現力を持った歌手は,もういないかもしれない。

天才と呼ばれた美空ひばりさんですが,曲を本番に乗せるのにいたるまでは,歌の歌詞などをとことん突き詰めて,それこそ身を削って向き合ったそうです。

やはり,その姿勢,努力が歌に現れているんでしょうね。

私はやはり「悲しい酒」がいちばん心に残りますね。これほど情感がみえるように歌うのですから,感動ものです。

なんでもそうですが,ものごとに真剣に取り組むことは,たぶん他の人に感動を与えるのかもしれませんね。

わたしもそうなりたい。がんばらねば
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

そりゃ そーだろーけど   JAZZを愛するあなたは やっぱり「真っ赤な太陽」っていってくれなきゃ
あの原信夫の作曲「真っ赤な太陽」でしょう
演奏はもちろんHARA NOBUO With SHARPSANDFLATS
1950年 我々の産まれるずっと前から活動
残念ながら解散してしまったけど 日本が誇るビッグバンド
ストラップを肩に・・・・かっこいい~~!

(やはり 貴方とカラオケに行ったとき 貴方がチョイスした曲が ”天城越え”・・・・・・なーるほどー)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。