スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらしっく

くりふぉーどです。

メンバーで意外と人気なクラシックですが,以前はよく聴いていましたね。

昔はホロビッツのピアノが味があってよかったなあ。

それから,毎年新年に行われるウイーンフィル ニューイヤーコンサートは全部ではないけど見ているなあ。

ただ,交響曲系はあまり興味がわかないな。どちらか言えばヨハン・シュトラウスのような感じが好きだなあ。

まあ,しょせんクラシックは素人だからよくわかっていないので,話にならんでしょうが。

クラシックにしてもジャズにしても,本場の現地の人たちは,とても音楽に自然と親しんでいるように見えますね。肩肘張らず,音楽が生活の一部になったような感じで,楽しんでいますね。

演奏する側の私達も,多くの人が関わってきた曲を演奏するのだから,真摯に向き合って演奏させていただくという気持ちでしないと,いけないですね。その気持ちが,たぶん音楽を豊かなものにするんだと思いますね。
スポンサーサイト

ジャズ以外では・・・

くりふぉーどです。

ジャズばっかりしか聴かないと思っている人もいるでしょうが,実際はほとんどジャズしか聴いていません。
でも,ジャズ以外でもお気に入りはあります。

ひとつは,”シド”というロックバンド。アニメで使われたこともある「嘘」や「レイン」は好きな曲です。
このバンドはビジュアル系らしいんですが,歌はうまいし,曲のアレンジというか構成も少しジャズの要素が加わっているような感じを受けるし。

もうひとつは,アニメオタクといわれそうだが,以前深夜で放送していた「けいおん」という番組で演奏されていた曲の数々。
バンドをやっている人なら,これはコピーしたいなと思えるような魅力がたくさん入っています。番組のほうもとても凝っていて,楽器やアンプ類など少し特徴のある本物をアニメで再現していて,演奏の風景は流れる音声とぴったり合っていて,とても見ごたえがありました。
こちらもロックですが・・・

みなさん,最近気になる音楽は何ですか。

火曜日の練習

くりふぉーどです。

火曜日の練習ができなくなって久しいですが,メンバーの皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年は休憩の年なんでしょうね。いままで,メンバーの変更があっても,なんとかいろんな場所での演奏もしてきましたが,ピアノが結局見つからないことですし,各自修行を積むということで,腕が落ちないようにしましょう。

まあ,たまには集まって練習できるようにしましょう。

今日は朝から・・・

今日は朝から雨の中,町内の溝掃除があり,昼からは雨が上がったので,息子とテニス(軟式)をしに行きました。

現役中学生,ほとんど毎日(土日も含めて)テニスをしている人にはついていけません。
1時間を越えると,まず足が前に行かなくなるし,息も上がるし,休憩しないからとてもしんどいです。

しかし,息子とテニスをするとは思いませんでしたね。別に私が勧めた訳でもないにテニス部に入部したし。
まあ,好きなことに一生懸命にすると言うことは,とても大切なことですね。

ただ,その一生懸命なところを,少しでも勉強のほうに向けて欲しい今日この頃です。

たまには書いてよ・・・

くりふぉーどです。

昨日深夜に,何気にNHKを見ていたら「仕事はっけん伝」という番組(再放送)をしていました。もう遅いからすぐ寝るつもりだったんですが,一言で言うと,寝られないぐらい感動したんです。

芸人のワッキーさんが,餃子の王将に1週間だけ社員として働くものだったんですが,想像以上に厳しい世界だったんです。指導するマネージャーとワッキーがまさに真剣勝負で目の前にある仕事を一生懸命していたのですが,見ているだけで現場の臨場感が伝わるような感じでした。

特にこのマネージャーの仕事に対する思いというか,今まで築き上げた熱意というか,びんびんと伝わり,ワッキーもその熱意をまさにスポンジが吸収するようにどんどん自分のものにしていく姿は,とても感動しました。

目の前にあることを常に真剣に取り組むという姿勢に,改めて考えさせられましたね。

自分も仕事とこの音楽活動にもう一度真剣に取り組まないといけないなあと。反省ですね。

またまたクリフォード・ブラウン

好きなトランペッターであるクリフォード・ブラウンのなかでも,一番好きなアルバムは,先日も書きましたが,
"Study In Brown"その中ですきなのは,"Take The A Train" ですが,最近演奏していた "Geoges's Dilemma" も好きな1曲です。それと,今後の練習候補曲としていた "Daahoud"も好きな曲ですが,このアルバムには入っていません。

"Daahoud"はまさにHard Bapという感じで,昔から演奏してみたい曲で,なんとかもち曲にしたいのですが,どうですかねえ。

しかし,youtubeなどには意外とクリフォード・ブラウンの曲を演奏した投稿はあまり多くなく,不思議に思います。もっと多そうな気がしたのに。

いい演奏が仮にできたら,投稿してみようか。といってもやり方がわからんけど。

今日もいい天気・・・

今日もいい天気。
といっても外へは出かけず,家の中でのんびりした1日でした。

先日録画していた映画「おとうと」を見ました。
山田洋次監督の映画はわりと好きで,よく見てました。これまでは,「たそがれ清兵衛」が好きでしたが,この「おとうと」は淡々と出来事を綴っているような感じなのですが,とても深いものがあるような気がしました

それには,やはり主演の吉永小百合と笑福亭鶴瓶の存在がとても大きかったと思います。
吉永小百合さんの時々見せるぞくっとするような美しさというか色気もよかったが,笑福亭鶴瓶さんの演技はすごいといったほうがいいかも。

鶴瓶さんは,高校,大学時代に深夜ラジオなどでよく聴いていたけど,そのころから比べれば大きく変わったのかもしれません。映画に出るとは思いませんでしたし。
最近のTVでも存在感あるしね。

自分も少しでも存在感があるような人間になりたいなあ。

今日はいい天気でした・・・

くりふぉーどです。

今日は,とてもすがすがしい気持ちのいい天気でした。少々風は強かったけど。

また,今日は某CJバンドで,イベントに参加してきました。ふれあいセンターであった,お魚フェスタでにぎやかしに。

このイベントは毎年この時期にあるのですが,イベントのPAもかねての参加です。

今回新しい機材を入れて試したのですが,やっぱり難しいですね。接続からよくわからない。
屋外ということもあって,バンドの音量などのバランスもいまいちよくわからない。
小規模出力でできる範囲のほうがやっぱりいいね。むずかしい,特に屋外は。

演奏のほうは,自分としてはぜんぜん満足できる内容でなかった。練習不足は否めないね。
もう少しがんばらないといけないね。

やっと木曜日・・・

くりふぉーどです。

やっと木曜日というような感じですが,皆さんはどうですか。
この一週間は長く感じましたが,もうくたびれました。

ところで,写真を整理していたら,父の一周忌での法要後の食事風景を撮った写真を見ると,丸い白いものが数個写っているものが何枚かあるのに気がつきました。

これは,たぶんオーブという,いわば心霊写真のひとつです。
以前,早川千晶さんというアフリカでストリートチルドレンへの支援活動をしている方の講演で,アフリカの昔ながらの部族との交流でお祭りの風景を撮った写真にも無数のオーブが写っているものがたくさんあったのを見たことがあります。

このオーブは別に悪入れではなく,楽しそうだから魂がよってくるんだと説明がありましたが,法要のときの写真も,酒好きだった父が一緒に飲みたいと思ってきたのかもしれません。

霊とか死後の世界とか本当はどうかわかりませんが,でも何かあるような気がします。

自分の死というものは,想像もできないし,とても怖いと私は感じますが,もしあの世があるのならば,音楽は持って行きたいなあ。

もう梅雨なのか・・・?

蒸し暑く,雨もしとしと降って,梅雨みたいな天気ですが,そのせいかどうか,体の調子が優れません。
くしゃみはいまだに続いているし,風邪みたいな感じだし。

今日は,仕事の関係で他の会社との飲みがありました。
私自身はあまり宴会という席は得意ではありません,少人数でぼちぼち飲む方がいいのですが。
しかし,違う環境の人と飲むのは,刺激にはなりますね。

これは,セッションと同じかもしれませんが。
ジャズの魅力のひとつに,セッションがあります。初対面の人たちと,その場で曲を演奏できるのですから。
別に楽譜もなくても,スタンダードな曲であれば,特に決まり事を確認しなくても,それぞれの表現をその場でできるのですから,他のジャンルではあまりないことかもしれません。

私も今はそのような機会もない,作れない状況ですが,違う環境で演奏してきた人とセッションすることは,とても刺激になりますね。

やっぱり,ジャズは会話なんですね。

今日も練習できなかったなあ・・・

毎週火曜日の練習日が,1月からいままで何回実現できたのかなあ。

さびしい限りですね。
今までほとんど休むことなくしてきたのにね。

まあ,各自充電期間中ということで,しっかり音楽を聴いてて欲しいなあ。

先日,BSジャパンで美女ジャズというのをしてました。全員若い女性でしていましたが,結構かっこよかったなあ。

ピアノ,ベース,ドラム,アルトサックス,バイオリン,ボーカルという構成でしたが,そのなかで気に入ったのが,中村尚美さんのベース。大阪を中心に活動しているようですが,とても雰囲気があってよかった。

そういえば,最近ライブを聴きに行っていないなあ。また,暇を見つけて行きたいなあ。誰か一緒に行きませんか。

今日もクリフォード ブラウン

くりふぉーどです。

クリフォード・ブラウンは1930年生まれ,そして1956年に自動車事故で亡くなりました。25歳でした。
たった25年です。プロとして活躍した期間もとても短いものでしたが,今思うととても濃密な時間をすごしたんだと思います。そして,クリフォード・ブラウンは後にとても多くのジャズミュージシャンに大きな影響を与えたといわれていますが,それは音楽性だけでなく,その人柄にあったそうです。

音楽はその人の人間性をも映し出すとはよく言われることですが,やはりクリフォード・ブラウンのトランペットには,奥が深く,とても温かく,時に熱い音を感じます。

私の音は,いつもひょろひょろとした音,または堅苦しい音なんだと思いますが,それはそれとして個性として受け止めないといけない部分もあるのでしょうね。

まあ,それでも気持ちの持ち方,練習できっと少しずつは変わっていけると思います。

明日は練習,みんな集まるかなあ。

引き続きクリフォード ブラウン

くりふぉーどです。

"study In Brown"のなかで好きな曲といえば,どれも甲乙つけがたいのですが,
あえて1曲といえば"Take The A Train"かな。

曲の冒頭と最後は列車が出発,到着する場面を表現していて,それが全然違和感なく曲に彩を添えています。
もちろん,ブラウンをはじめとする各アドリブも,まさにドライブ感があってとてもかっこいいし。

この曲は多くのミュージシャンが演奏しているし,アマチュアでもスタンダードな曲ですが,自分達が演奏してもいまいちかっこよくならない,結構難しい曲だと思いますね。

もう一度挑戦してみようかなあ。

よっさん,たのんますで。

好きなレコード(CD)

クリフォードです。

だれも書いてくれそうにないので,日記代わりにでも書いていこうかな。いつまで続くやら。

今回は,私の大好きなレコード(CD)。
"Study In Brown"
私のステージネームで勝手に使っているクリフォード ブラウンの代表作といっていいレコードです。
実は前回のブログに書いたCD4枚のうちこのCDは1枚入っています。
もちろんレコードで2枚,ちょっと怪しいCDが1枚持っているのですが,レコード2枚は聴きすぎてどちらも傷が入ってしまっています。怪しいCDは海外版で3枚セットに含まれている形になっているのですが,音質が少し悪い。
それで,先日タワーレコードで復刻版が出ていたので,買ってしまいました。

このレコードは小学5年生のころにはじめて聞いて,とても衝撃を受けた覚えがあります。
以来,それこそ何百回と聴いていると思います。アドリブも口で歌えます。しかし,トランペットでまねはできません。

今もこのアルバムを聴きながら書いていますが,何回聞いても新鮮に聞こえるのが不思議です。
レコード,CDはあくまで記録なので,本物ではない,いわば嘘のものです。音楽はやはり生がすべてだと思っています。そのため,レコード,CDを聞くときはそのつもりで聴いていますが,中にはこの"Study In Brown"のようにそれを超えたものを聴くことができるものがあります。
自分の思い入れもあるのかもしれませんが,なにか熱いハートというか,魂というか,何か心に響くものを聴くことができるものがあります。

自分のトランペットの音も,心に響けばいいのですが,無理だろうなあ。精進せねば。

またまた久しぶりになったブログですが・・・

クリフォードです。

長い間ブログも更新しておりませんが,GWも最終日となったのでひとこと・・・

よっさんずの活動は休止状態が続いていますが,個人的には先日の5月3日に某市役所バンドで西川緑道での演奏に参加してきました。

この日は天気もまあまあで,演奏した午後6時ごろには気温も少し下がって肌寒い感じになりましたが,とても気持ちのいい雰囲気でした。

ただ,私は花粉症の後遺症というか,息子のかぜがうつされたのか体調はいまいちでしたが。

休日に中心部へ行ったときは,必ずといっていいほどタワーレコードへ行きますが,今回も行ってCDを4枚買いました。
といっても,4枚で4000円程度,昔のレコードが復刻版としてCDで安く販売しています。自分の好きな時代(1950から60年代)ばかりなので,今まで買えなかったものが気軽にしかも大量に手に入れることができてとてもうれしい限りです。

また,買いに行こうかなあ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。